改正個人情報保護法のポイント

平成29年5月30日より、改正個人情報保護法が施行されます。今回の改正によって、全ての事業者に個人情報保護法が適用されますので、その改正のポイントを確認していきましょう。

個人情報保護法の改正のポイント

①個人情報保護委員会の新設

個人情報取扱事業者に対する監督権限が主務大臣から「個人情報保護委員会」に一元化されます。

②個人情報の定義の明確化

住所、氏名、年齢以外に、個人識別符号(旅券番号、運転免許証、指紋データ等)が対象になることが明確化されます。

③要配慮個人情報の規定と新設

要配慮個人情報(人種、信条、病歴等本人に対する不当な差別又は偏見が生じる可能性のある個人情報)の取得及び第三者提供について、本人の同意を得ることが義務化されます。

④匿名加工情報の規定の新設

匿名加工情報(特定の個人を識別することができないように個人情報を加工した情報)を新設し、個人情報の取扱いよりも緩やかな規律の下で流通、利活用を促進することが可能となります(ビッグデータ等の利活用等への取り組み)。

⑤個人情報の保護強化

個人データの第三者提供に係る確認、記録の作成等が義務化されます(いわゆる名簿屋対策)。また、従業員等が不当な利益を図る目的で第三者に提供し、又は盗用する行為を「個人情報データベース等提供罪」として処罰の対象とされます。

⑥グローバル化への対応

国境を越えた適用と外国執行当局への情報提供、外国事業者への第三者提供等
これらの制限に関する規定が新設されます。

⑦その他

個人情報5000件以下の事業者対象外規定の廃止→全ての事業者に適用されます。

個人情報の範囲、内容を正しく認識し、管理することが求められることとなります。社内の個人情報の管理体制を見直していきましょう。

代表税理士 谷掛先生に聞く「タワーマンション節税はどうなるの?」

タワーマンションを購入すると相続税の節税になるの?

例えば、親が1億円の現金でタワーマンションを購入したと仮定します。タワーマンションなどの不動産は現預金と比べて相続税の計算上評価額が低く設定されています。そのため、子供が「1億円の現金を相続した場合」と「1億円で購入したタワーマンションを相続した場合」とでは、下記のように相続税に大きな差が生じます。

①1億円の現金を相続した場合
  現金1億円×30%(相続税率)=3,000万円
②1億円で購入したタワーマンションを相続した場合
  タワーマンション1億円(評価額4,000万円)×20%(相続税率)=800万円
③相続税の節税額
  ①▲ ② = 2,200万円

つまり、親が1億円で購入したタワーマンションを子供が評価額4,000万円の財産として相続し、その後、すぐに1億円で売却すれば、現金のまま相続した場合と比較すると大きな節税になります。
一般的にタワーマンションは、高層階ほど売買価格が高くなります。
しかし、相続評価額は専有面積で計算するので50階でも1階でも面積が同じであれば同額です。相続後にマンションを売却する前提で考えると、高層階を購入した方が有利になっているのです。

税制改正と今後の動向

2011年の国税不服審判所の裁決で、タワーマンション購入が明らかに課税逃れと認定されたケースがありました。
その流れを受けて今回の税制改正では、2017年4月1日以降に販売される新築タワーマンションの固定資産税、不動産取得税について高層階は高く、下層階は安くなるように改正されました。将来的には相続税についても規制がかかるかもしれません。ただし、税制改正前に販売されたタワーマンションや中古で購入したタワーマンションについては今回の改正の影響を受けません。今後は中古のタワーマンションが注目を集めるかもしれません。

入社ご挨拶

今年の4月から入社致しました早見 飛鳥と申します。
入社してから1ヶ月経ち、様々な業務に携わらせていただいております。
社会人として少しずつ成長を感じておりますが、まだまだ右も左も分からない状況です。
これからは、より本格的な業務が始まり、日々新しいことを覚えていかなければなりません。
その中でも、行動や発言など一つ一つ意識付け、どのような困難があろうとも的確な仕事ができるように頑張ります。
現在の目標は、1日も早くマンション管理業務のプロフェッショナルになることです。
そのためにも、不動産業に携わる知識や経験を早く積み、お客様の疑問や要望に対しても迅速な対応をしてお客様との信頼関係を築けるように頑張っていきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

金子愛のトピックス

鳥羽の藤
鳥羽の藤先月の終わりに鳥羽の藤を観に行ってきました。
京都市上下水道局が浄水場で藤を育てており、毎年一般公開されるイベントですが、今年初めて訪れました。
通り抜けるだけでも10分ほどの距離にわたって藤棚が設けられており、天気がいい日だったためその影でたくさんの人が休んでいました。
紫の花が簾のようにゆれているのが見た目にも涼しく、その下で飲んだアイスコーヒーが美味しかったです(水道局の催しならでは、京都の水道水でつくったアイスコーヒーが売られていました)。
また、甘いにおいがとても印象的でした。
三月に高知の菜の花畑を訪れたときも香りに驚きました。
生花の香りをもっといろんな場所に行って感じてみたいと思います。
今回は近くの藤を観にいきましたが、花の香りを旅の目的にし、遠くにも訪れたいと思います。

謹賀新年

新年 明けましておめでとうございます。
旧年中は、一方ならぬお世話になり厚く御礼申し上げます。
本年も相変わりませず、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
昨年は、皆様方のご好意の賜物として、創立二十周年を迎えることができました。また、プロパティテクノロジーの開発に挑むことができ、本年から試験運転ではありますが、稼動の目処が立ったことなど非常に盛り上がりをみせた一年であったと思います。
今年は、株式会社アイ・エス・オーとしての「ありたい姿」に向けた一歩を踏み出していこうと考えております。持続的成長起業を目指している我々には、立ち止まらず、常に前を向いて、攻守のバランスを保ちながら、目標に突き進んで今年の干支の「酉」のように飛躍していきたいと思う所存であります。
さて、干支の酉という字は、酒を醸し器の象形文字で「酒」のもとの字です。収穫した作物から酒を抽出する。収穫できる状態などを表すため、「成る」「実る」「成熟」の意味があります。
また、十二支十番目の動物であるトリは神鶏と呼ばれ、神の使いとされています。太陽が昇るとき必ず鶏が鳴くため、鶏の鳴き声は太陽の神を呼ぶ力があるとされていました。
日本神話の「古事記」に登場する一場面でも有名ですが、岩屋に隠れてしまった天照大神を外に出すために鳴き声を上げて参加したのが鶏(常世長鳴鳥)で、世の中に光を戻した功績により神鶏と呼ばれるようになりました。
新しい年にも一番に鳴く鳥は縁起がよい、更に商売繁盛に繋がるとされています。今まで培ってきた信用をより確固なものとし、大きなビジネスチャンスをつかみとり、明るい一年にしたいと思います。
二○一七年を迎えるにあたり、我々は皆様方のご健勝とご発展をいつも祈念しております。
少しでも多くの機会を皆様方と持ちたいと願っております。
皆様方のおかげをもちまして、幸い弊社は微力ながら増収増益を継続しております。
この実績を社員一同、自信に繋げ本年も鋭意努力してまいります。
そして皆様方とごいっしょに充実感を共感できればと望んでおります。

本年も、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

謹白
平成二十九年 元旦
代表取締役 岡 昭宏

創立二十周年

思い起こせば二十年前、谷町四丁目の雑居ビルにて起業いたしました。資産がゼロの徒手空拳からのスタートでした。今や、そんな当時が懐かしく思えます。

数々の逆境を乗り越え、創業六年目以降は、売買、仲介、管理などの事業が順調に推移し皆様方のおかげをもちまして、微少ながらも安定した成長を得ることができ、現在に至っております。

このようにこんにち、この日を迎えることができたのも、一重に皆様方のご好意の賜物です。誰一人なくして、こんにちの弊社、こんにちの私は存在いたしません。ここに改めまして心から御礼申し上げます。

さて、弊社は現在、従来の不動産業にありがちなアナログ的ビジネスから脱却を試み、新たなプロパティテクノロジーの開発に挑んでおります。

収益物件に対する分析力と運営力を強化すべく、思い切った設備投資をし、新システムを導入します。
オーナー様が現在所有されている物件の持っているパフォーマンスを新しい角度から把握していただき、真のネット収益をご理解いただくこと。また、これに準じて新規購入検討物件に対しても同様の分析を可能とするテクノロジーを開発しております。少しでもオーナー様に貢献、還元でき、業界に一石を投じることができればと考えております。

また、弊社、及び経営社としてのミッションは、持続的成長を通じて企業価値を高めることによって全てのご縁のある方々に報い、還元することと自認しております。

起業理念は「事業を通じて社会に喜びと感動を提供し、次世代のためのよりよい社会創りに貢献する」でございます。

社員一同、この理念に基づき日々業務に邁進しております。
まだまだ未熟で至らぬことも多々ございますが、どうか倍旧変わりませず、引き続きご指導ご鞭撻のほど、切にお願い申し上げます。

この度は、たくさんの方々から身に余るご祝辞を賜り、また、お花や御祝を頂戴し、誠にありがとうございました。
最後になりましたが、社員一同、皆様方のご健勝とご多幸とお仕事のご繁栄を心から御祈念申し上げます。

代表取締役 岡 昭宏

消防用設備点検について

I Vison 第32号にて法定点検の主なものとして、ピックアップした消防用設備点検(建築基準法)について見ていきます。

消防用設備点検

まずはなぜ消防用設備点検を行わなければならないのか?
それは、【消防法】で定められているからです。

【消防法】とは?

火災から国民の生命などを守るために制定された法律

【消防法】(第17条の3の3)により、消防用設備等を設置することが義務付けられている建物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、設置した消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長または消防署長に報告する義務があります。

1.点検防火対象物、点検実施者

・防火対象物の用途や規模により、点検実施者が次のように定められています。
消防設備しまたは消防設備点検資格者が点検を行わなければならない防火対象物
①延べ面積1,000㎡以上の特定防火対象物
②延べ面積1,000㎡以下の非特定防火対象物で消防長または消防署長が指定した建物
③屋外階段(避難経路)が1つの特定防火対象物

2.点検の種類と期間

・機器点検:6ヶ月に1回 ・総合点検:1年に1回
*特殊消防用設備にあっては、設備等設置維持計画に定める点検期間ごとによります。

3.点検結果の報告

・特定防火対象物:1年に1回 ・非特定防火対象物:3年に1回
 特定防火対象物は17区分に分かれており、延べ面積収容人数によって消火設備、
 点検報告回数、防火管理者選任など細かく決まっています。
*点検報告義務違反者は、30万円以下の罰金または拘留

法定点検を行うことは安全と安心を確保し、売買時には重要要素となっています。

社員旅行でシンガポールに行く

社員旅行
先日、社員旅行でシンガポールに行ってきました。
夜行便で現地に到着し、まず驚いたのが都会的な景色でした。

「ガーデンシティ」と呼ばれる町は、整備された道に鮮やかな南国の花が咲いており、蒸し暑い気候でも爽やかな気分にさせてくれました。
立ち並ぶビルの中でも一際目を引くのが三つのタワーに巨大な船が乗った「マリーナ・ベイ・サンズ」です。今回は宿泊することができ、ホテルのプールからマーライオンとシンガポールの町を見渡せました。映像で見て憧れており、とても贅沢な思い出になりました。

観光はチャイナタウン、リトルインディア、アラブストリートと行く先々で街並みや空気ががらりと変わり、数時間で国を渡り歩いたような不思議な気分でした。

異国文化が混ざり合っているため、洋食、中華、エスニックと、どれを選択してもおいしかったです。
ホテルも観光も映画の中のようでした。もっとたくさんの場所へ実際に訪れてみたいと思います。

(金子 愛)

入社ご挨拶 2016年度

はじめまして。9月27日から株式会社アイ・エス・オーに入社致しました田野尻陽太と申します。私の趣味は体を動かすことです。

学生時代からテニスをしており、今でも月に1回程度ですが友人を誘ってテニスをします。最近はゴルフの打ちっ放しにも行ってお
り体を動かすことを楽しんでおります。

未経験の業界で右も左もわからない私ですが、周りの先輩方に助けて頂きながら仕事に取り組んでおります。また、毎日が新しいことの発見で戸惑いも多いですが、やり遂げたときの達成感を味わうことができ、やりがいを持って仕事をさせて頂いております。

入社して1ヶ月が経ち、まだまだわからないことも多いですが、1度教えて頂いたことは何度も聞くことの無いようにするとともに少しでも早く知識を習得し、皆様のお力になれるようにがんばりたいと思っております。

よろしくお願い申し上げます。

空屋に係る譲渡所得の特別控除の特例

平成28年税制改正に「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」が創設されました。
相続によって取得した空き家の処分に有効な制度として、知っておきたい制度です。

制度の概要

相続開始直前において、被相続人の居住の用に供されていた家屋
(昭和56年5月31日以前に建築された家屋)を相続した相続人が、当該家屋
(耐震性のない場合は、耐震リフォーム要)または家屋除去後の土地を譲渡した場合に、その譲渡益から3,000万円の特別控除を適用することができます。

空屋に係る譲渡所得の特別控除の特例

対象となる譲渡の時期

平成28年4月1日から平成31年12月31日
相続開始時から、相続開始があった日以後3年を経過する日の属する年の12月31日まで

制度の注意点

  • 譲渡の対価が1億円以内の物件である
  • 当該相続の時から当該譲渡の時まで事業の用、貸付の用又は居住の用に供されていたことがないこと
  • 地方公共団体の証明が必要

等々

相続した不動産についてのご相談、査定依頼は、弊社までお気軽にご連絡下さい!

株式会社アイ・エス・オーが発行する不動産・保険関連の情報サイト